アイフル 渋谷

計画性のない、だらしない人

計画性のない、だらしない人

 

会社を興す、またはやむを得ない事情で一時的に借りる人は除外して考えます。ちゃんと会社に勤めていて、薄給でないお金をもらっているのに借金を繰り返す人の思考回路はいったいどうなっているのかと疑問に思います。買い物やギャンブル依存症、というイメージがあります。手持ちのお金がないなら我慢すべきところを、ついついカードやローンを組んで買ってしまう、というのは計画性のないことと、欲望に歯止めがきかないことの両方ではないかと思います。冷静になって月々いくらの決まっ支払いがあり、それを差し引いたらいくら自由に使えるかということが把握できていないからとも考えられます。ギャンブルにつぎ込む人は、大勝した経験のある人が負けを取り戻そうとしてつぎ込むパターンが多いと思います。普通の人はどんなに攻略法を試したところで、トータルで勝てるわけがない、ということをいつまでも理解しようとせず、借金を繰り返して他人にまで迷惑をかけてしまう人も少なからずいます。

 

借金とり

 

計画性のない、だらしない人

 

借金と聞くとネガティブなイメージがはじめに連想されます。それは、闇金から借りた、ギャンブルで借金を作って返す事ができない、借金をして一家で夜逃げなどが思い浮かびます。やはり、恐怖や後ろめたいものというのが率直な借金にたいするイメージです。周りに借金をしてるというのはあまり聞かないので、イメージするのはメディアによる報道です。やはり、やくざの借金とりが家に押し掛けるというのが一番真っ先に連想します。それが一番インパクトがあるからだと思います。もし借金をしたらヤクザの取り立てにあってしまうだろうという思いから絶対に借金はしてないものであるという考えです。そして、そうなれば利子分しか払えず土壺にはまってしまいもう元通りの生活には戻れなくなるだろうと思います。一度借りてしまえば人生は終わってしまうものが借金だと思います。それほど悪い意味で借金は大きな物で人生を狂わせるような脅威を秘めているものであると思います。