アイフル 渋谷

どんどん増えていく恐ろしい物

どんどん増えていく恐ろしい物

 

 

私は、借金をすることが悪いことだとは思いません。しかし、1回借りてしまったことで楽をしてお金が手に入ると思ってしまう人が出てきて、どんどん借りてしまって手に負えなくなるというイメージがあります。私は借金をしている人に実際に会ったことがないのでわかりませんが、テレビなどで見る借金をしている人は、返せなくなって自殺したり、逃亡したりしていました。無責任だと思います。自分が逃げることで困るのは大事な家族だと思います。責任を持って返せる自信がないなら借りるべきではないと思います。もし、自分の旦那が借金をしていたら私も必死に働きます。今後産まれてくる自分の家族に嫌な思いをさせたくありません。どうしても借金をしなければならない人は、今後、どうやって返していくかという返済計画や自分の家族のことをしっかり考えて借金をするようにしてほしいです。どうしても借金をしなければならない状況は私には分かりませんが、楽してお金が手に入ることはあり得ないことなので、悪いことではないですが、なるべく借金はしない方がいいです。

 

お金のない人が資金がほしく、会社などか借りるイメージ

 

どんどん増えていく恐ろしい物

 

お金のない人が企業などからお金を借りるのはイメージはけしてよくないと思う。収入のない、貧しい印象をもってしまう。高い利息まで支払って自転車操業のようなキャッシングの利用をしているひともたくさんいると思うがそんなことをせず、まともに働けないものかと感じる。年金受給者など高齢の人はキャッシングの利用がとても多い。毎日暮らしていくのが精一杯で、クレジット会社などから借りるのだろう。いたしかたないとは思う。利息がかかっても暮らしていくのに必要なお金だからある程度は仕方ないと思うけど、よいイメージは持たない。一方で借金することをなんとも思わないような金銭感覚のマヒした人も多いと思う。借りたものを返さない、非常識な人のイメージもある。あとは本当に裕福すぎてちょっと買い物するのに手元にお金がたまたまないような人は、銀行の感覚でキャッシングをするんだと思う。利息なんて何もきにしていないような人もいると思うけど、そうそう今の世の中ではいないと思う。借金はするべからずと思う。