アイフル 渋谷

借金といえば生活苦を連想する

借金といえば生活苦を連想する

 

借金には、前向きなものと後ろ向きなものとがあると思います。まず前向きな借金とは、たとえば何か事業を始める時、手持ちの資金だけでは足りないのでお金を借りることです。それはお金を儲けるための攻めの借金であり、実際に大儲けできる可能性があるのです。それに対して後ろ向きの借金とは、単に生活が苦しいから何となく借金して急場を凌ぐような借金のことです。このような借金でも、確かに一時的には生活は楽になるでしょう。しかしその後の返済は、生活を更に苦しくしてしまうリスクがあります。ですから後ろ向きの借金をすると、リスクに怯えながら生活することになります。しかし借金の前向きと後ろ向きとを単純に比べると、どうしても後ろ向きのマイナス・イメージをより強く感じてしまいます。それは恐らく、私だけではないと思います。なぜなら実際の世の中を見てみると、前向きな借金でお金儲けをしている人よりも、後ろ向きな借金で生活苦に陥っている人のほうが多く見受けられるからです。

 

クレジットカードの返済

 

借金といえば生活苦を連想する

 

借金にも様々ありあますが、現在私の実体験で一番苦戦している借金が、この「クレジットカードの返済」です。クレジットカードの恐ろしい所は、分割やリボ払いで「毎月定額払ってるだけだし、ちょっと自分にご褒美」と油断して買い物し続けていると、気が付いた時には上限を超えて使えなくなっていたり、最悪上限超えたことに気が付かず、超えた分一括払いの扱いにされ、蓋を開けたら「支払いが出来てません」状態で青ざめたり……。クレジットカードは手持ち金が無かった時に簡単に支払える為、ちょっと豪華に買い物する方も多いと思います。私もその一人でした。ですが、その分一括で支払わなくてはならない金額が多く、増して分割やリボにすると、最終的な支払金額は、もともと払わなければならない金額よりもかなり多く払うことになります。とても損です。クレジットカードは便利ですが、返済に関しては借金の中でもかなり厄介な存在なのではないかと日々感じております。