アイフル 渋谷

低収入、プロミス、ギャンブル、会社倒産、連帯保証人などのイメージ。

低収入、プロミス、ギャンブル、会社倒産、連帯保証人などのイメージ。

 

借金と聞くと、まずお金にだらしない低収入な方をイメージします。ローンの返済など出費が重なり、生活費に困り手軽なプロミスやアコムに手を出し、その場しのぎに借金をして、高い利子を払い続けながら、返しては借りを繰り返し、元金は減らずに、借金地獄に溺れていそうです。何年もその生活を続けていくうちに、借金がある生活にあまり抵抗を感じなくなり、金銭感覚が麻痺していき、その中で一攫千金を狙って、ギャンブルに手を出しそれがいつのまにか、ストレス発散のようになっているような典型的なパターンです。あるいは、昔の俳優さんなどの壮絶人生のような、事業に失敗し何億もの多額の借金を背負うことになり、豪邸や車などのあらゆる資産を差し押さえられて、家庭崩壊したり、昔からの知人、遠い親戚の連帯保証人になり、裏切られて他人の借金を背負ってしまうという悲惨なイメージしかありません。実際、会社経営者や普通の家庭でも、借金がない方が少ないかもしれませんが、やはり借金と聞くと、悪い印象があります。

 

 

悪い癖のようなもの

低収入、プロミス、ギャンブル、会社倒産、連帯保証人などのイメージ。

 

一度だけの借金であれば、本当に理由があってのものでやむを得ないと思います。例えば、挙式費用が足りないが御祝儀が入れば返済するだとか、お店をオープンするための資金として一時的に貸してほしいなどという場合です。しかし、一度借りては返し、また借りては返しをしていると、始めは罪悪感があったものの、「返しさえすれば、お金を貸してくれる」という思考回路に転じると思います。このサイクルに陥った時には、借金はしてはいけないという基本的な思考に、戻ることができないと思います。挙句の果てに、返済することができずに自己破産を申請するという最悪のシナリオに。そして、自己破産後にはローンを組むことができなかったり、数年クレジットカードを作れなかったりで、生活の不便さを感じ、もう二度と借金はしないと決心して更生される方は多いと思います。ところが、中には自己破産をすることで借金地獄から脱却し、味をしめてしまったら、また同じことを繰り返してしまう方も中にはいると思います。その最悪のシナリオに陥らないためにも、周りの人間は「お金を貸さない」ことが、その人のためになることを知らねばならないと思います。