アイフル 渋谷

返せなかった場合が怖い

返せなかった場合が怖い

 

借金と聞くと、あちこちからお金を借りたまま返さないようないいかげんでだらしのない不真面目な人のイメージが頭に浮かびます。でもマイホームや車のローンも借金に入ると思うので、普段は借金をするなんて考えられないような真面目なサラリーマンや主婦の方でも、マイホームのローンなどの借金は抱えていたりすると思います。私は借金と聞いただけで借金をもし返せなかった場合の状況を想像して怖くなってしまうので、なるべく借金はしたくないと思っています。マイホームのローンにでも、ローンを返せなくてマイホームを手放すことになったという話も聞くことがあるので、恐ろしくてたまりません。キャッシングについても、お金をあちこちから借りていて返せなくなってしまっているような計画性のない人を思い浮かべます。消費者金融や闇金融にお金を借りて返せなくなった人の話を聞いたことがあるのでキャッシングについても返せなかった場合の状況がすごく怖いから、キャッシングはしたくないと思ってしまいます。

 

借金しているのに、どこか他人事のようにしている人もいる

 

返せなかった場合が怖い

 

お金を借りている人は、本当になくて困っている人もいればそうでない人もいると思います。例えば、お金が本当にないのなら、節電や自炊など、少しずつ自分の生活に気を配り、少しでもお金が浮く様に工夫すればいいところを、手間を惜しんでやらない。考え方は人それぞれでしょうが、面倒くさいから、などといった理由でやらない人はいつまでたっても自分が使える自由なお金は少ないだろうし、滞納しているなら、その滞納しているお金というのも返済するのに時間がかかると思います。また、お金を借りるのが一箇所ではなく、何箇所もある人は、言い方は悪いですが手遅れだと思います。少しずつ借りているならまだしも、大きい額を何箇所からも借りている人は借りるだけ借りて、いつまでに返そうなどといった目標があまりないと思います。(ある人もいると思いますが)返済期限ギリギリになってから、どうしよう、困った、と、なっている人もいるのではないでしょうか。また、何箇所からも大きい額を借りることを普通の感覺でやってしまうようになったら、終わりだと思います。事の重大さに気がつかず、最終的に自分の首を絞めている。いくら仕事をしていても、お金に困ることは誰だってあることだと私は思います。借金だってすることはあると思います。ですが、どれだけ借りても、借りたものは返す。返せないものなら借りない。小学生でもできることなのに、大人になったらそんなこともできなくなるなんておかしい話だと思います。自分の責任で借りたのだから、自分の責任でしっかり返す。例えどんな理由があろうと、これは当然のことだろうと私は思います。