アイフル 渋谷

悪いイメージ。

悪いイメージ。

 

 

借金というとどうしても悪いイメージが浮かんでしまう。借金をする理由をあげるとすれば、ギャンブルなどの趣味によるもの。住宅などのローン。それとキャッシングである。主にはこの3つが思い浮かぶ。趣味による借金がマイナスなのは金遣いが荒くて、自己管理が出来ていない人間だと思われるため。それに比べると、住宅などのローンは比較的肯定的なイメージでとられることが多い。家族のために思い切った決断をしたいい人間だと捕らえることが出来るためだ。しかし、万が一、それが、返せないとなるとやはり計画性がないと思われる。キャッシングもすぐに返せる確証があればいいが、それが怪しい場合はやはり計画性に問題があると思われる。これらに共通しているのは、自己管理や計画性といったことがきちんと出来ているかどうかである。これらを全ての人がきちんと出来ていれば、借金にマイナスのイメージはつかないだろう。借金は一時的なもので終わる。しかし、それができない人間がつくると、借金は大きくなりそれと共に悪いイメージも大きくなる。そのため、借金の悪いイメージは返せる確証をきちんと提示することで軽減することができるものだと考えられる。

 

人生を破壊するもの

 

悪いイメージ。

 

借金はいけません。借金返済のために働くなんて、なんだか後ろ向きです。生まれてきたからには楽しく生きたいものです。もちろん一口に借金といっても、その内容はいろいろあります。事業拡大のための借金、大学へ通うための奨学金、住宅ローン…。借金のすべてがいけないというわけではありません。人生をよりよく生きるための明るい借金もあるでしょう。でも、ここで問題にしたいのは、人生を破壊する借金です。世の中には借金体質とでもいうべき、借金依存症の人たちがいて、彼らはいともカジュアルに借金をしてしまうのです。消費者金融の顧客です。まるで貯金を引き出すかのように借金を繰り返してしまう人たちです。ひどい人になると返済利子まで借金して払っているようです。困ったものです。しかし、私もかつてはそんな借金人間であったのです。借金のある生活。それはそれは暗い生活でありました。日中はいつも借金のことが頭をよぎりますし、眠っているときでさえ借金に追われる夢を見ていました。かたときも心落ち着きません。生きていることがつらくてなりませんでした。なんとか借金を返し終えた今は、借金まみれだった頃とは段違いに毎日を楽しんでいます。もう借金なんて二度としたくありません。これから借金をしようとしている人たちに言えることがあるとすれば、そのお金本当に必要?、ということです。借りずに済むなら借りないでおきましょう。