アイフル 渋谷

ネガティブなイメージです

ネガティブなイメージです

 

借金と聞くとどうしてもマイナスなイメージしかないです。事業に失敗したり、ギャンブルに負けたり、何かものすごい失敗がない限りは普通に仕事をして生活していれば借金はできないと思います。また知人や友人の借金の保証人になってしまい、代わりに返済しなければならないという話もよく聞きますが、自分がやってないことの責任を取らされて苦労しなければならないのは本当に納得できません。どんなに仲が良い人であっても、保証人になることは絶対にないと思います。最近ではキャッシングなど便利で誰でも気軽にという感じで良いイメージのように宣伝されていますが、根本的には変わらないもので絶対に借金はしたくないと思います。とてもケチな性格なので利子がついてお金を借りるなんて考えたこともありません。基本的にギャンブルも株や投資なども全く興味がないので、借金とは一生無縁でいたい、関わりたくないものというのはこれから先も変わらないと思います。

 

浪費家?

 

ネガティブなイメージです

 

借金=金遣いが荒い人というイメージがあります。実体験として、自分の身の回りでキャッシングを利用したり借金をしている方は収入の割に金遣いの荒い人が多かった為、そう思ってしまうのです。ただ、最近はテレビCMやネットの広告でもイメージキャラクターにアイドルを起用したりキャッシングや借金というもののイメージも昔よりも身近でクリーンなものになってきたような気がします。カードローンなども簡単に利用できたり、利用することで特典があったりと、賢く使っている方もきっとたくさんいるんだと思います。個人的には身近な人ががキャッシングや借金をしていると聞くと、一瞬「浪費家なのかな?金遣いが荒いのかな?」というイメージを今でも持ってしまいますが、一時的にそして計画的に利用するのであれば便利なサービスなのだと認識しています。簡単にお金を借りられてしまうことに依存してしまわず、みんなが計画的に賢く利用すると、きっともっとキャッシングへのイメージが良くなって行くんだろうなと思います。お金は稼ぐも使うも借りるも返すもバランスよくが一番です。