アイフル 渋谷

無計画にお金を使う人

無計画にお金を使う人

 

住宅ローンなどの目的ある借金については、人生豊かになるための投資です。しかし、借りたら返すものだということを忘れて、いつも自分の欲望のままにお金を使ってしまうのは、後のことを考えず、目先のものにしか目を向けられてないので、人生まで破綻に向かってしまうと思います。お金の使い方の無計画さは、生活や仕事のなかでも、ついやってしまった、失敗したということにも、繋がっているような感じがします。心あたりありませんか?借金はしてもいいと思います。少ない金利で借りて手元に現金を残し、将来の金利上昇に期待して投資し、お金に働いてもらうこともできます。借りた利息より、投資した利の方が上回ると儲けです。目的ある借金なら、今借りて、今豊かになって、将来につなげ、返済していく力にもなります。ただ、急にお金が必要になって、返すお金も計算できてないまま、お金を借り続けるのは、破綻に近づきます。特に消費者金融のキャッシングは、店頭に行けば、審査はあるものの、1時間ほどで融資をしてくれます。カードをもらって、預金のカードのように簡単に引き出せます。その手軽さがまるで自分のお金のように使えるので、借りたお金で、返す義務のあるものだということを忘れやすくするのではないでしょうか。借りたら返す。利を払うだけの価値があるか、考えてから借りたいものです。

 

依存心が強い人

 

無計画にお金を使う人

 

お金が欲しいとき、多くの人はバイトを探したり、節約をしようと思うでしょう。人によっては本やCDなどを売ったりすると思います。しかしそういう時、「まずは誰かに借りよう」と思う人がいます。このような人達は心に甘さを持っていて、おそらく、誰かが何とかしてくれるだろうという他人に依存する気持ちがあるのです。誰かが何とかしてくれるという甘えは何とかしてくれる誰かがいるから成り立つのですが、これがキャッシングに繋がっていき、「なんとかなる」という気持ちだけで進んでいくと借金で首が回らなくなってしまったりするのです。仲の良い人に頼めば融通もききそうだという気持ちも危険です。たとえ仲の良い友人でも貸し借りするのは心にしこりが残ります。依存心が強い人は相手からお金を借りても申し訳なさをあまり感じていないように感じます。逆に「この人に頼めばなんとかなる!」と思ってしまっているような気さえします。周りが自分から離れていくという可能性が頭に無いのかもしれません。とりあえず誰かに助けてもらおうとする前に、まずは自分の力で何ができるかを考えるかどうかが、借金をする人としない人の分かれ道だと私は思います。